産業保健師の業務内容

福岡の産業保健師は従業員の健康管理を行う重要な役割がある

産業保健師には様々な業務がありますが、重要な役割は企業で働く従業員の健康管理を行ったり、健康が促進されるように企画を立てたり、その企画を実施したりします。また、従業員の健康診断の結果から何か悪いところはないか、ケアが必要になるところはないかという判断も必要になります。看護師としての臨床経験がある方は、保健師へ転職をすることで、今まで培ってきた経験や知識、判断能力、対応力などを発揮できる職場になるのではないでしょうか?

精神的なケアも福岡の産業保健師に欠かせない業務になる

近年、従業員の過重労働や精神的ストレスが問題となって取り上げられていますが、その問題を解消したり、解決する方向へ導いていくのも産業保健師の業務に含まれています。従業員の体のケアだけでなく、心のケアも必要になります。相談をされるのが得意という方、コミュニケーションを取るのが好きという方、産業カウンセラーや有利になる資格を取得している方にとって、最高の職場になる事は間違いないでしょう。

事務を行う事が多い福岡の産業保健師は、パソコンを使える事が前提の入職になる

産業保健師は、従業員のケアを行うというだけが業務ではありません。意外と事務処理が多く、産業保健師になるためには、パソコンがストレス無く使えるという事が前提になるでしょう。従業員の健康診断の結果などのデータをパソコンで管理しないといけないため、wordやexcelなどを使いこなせないと円滑な業務を行うのは難しくなるでしょう。未経験の場合研修や企業側で教育があると思いますが、最低限必要なスキルは身に付けておくようにしましょう。